スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
ニューズウィーク (5) 暴かれた英雄の犯罪
 『ニューズウィーク』(日本版、00年4月12日号)のレポート「暴かれた英雄の犯罪」から。

 
フーイェン省トラム村でも、66年3月14日に恐ろしい事件が起きた。韓国軍はベトコンの拠点とされるこの村に武器が隠されているという情報をつかみ、崔祐植(チェ・ウシク)率いる青龍部隊を派遣した。(中略)
・・・彼らは村に入り込んで、住民を空き地に集めた。だが、そのとき崔は落とし穴に落ち、同時に手榴弾が炸裂。4人の兵士が即死し、崔も爆弾の破片で負傷した。代わって指揮をとったアン・テフン軍曹は、その後の激しい銃撃戦のことをよく覚えている。
 部隊は計46人の民間人の命を奪った。「われわれは感情を抑えることができなかった。動くものはすべて撃った」と、アンは本誌に語った。「あのときは民間人もベトコンも同じに見えた」 だが、崔の記憶はいささか異なる。手榴弾の炸裂後、村では何事も起きなかった。だが救援のヘリコプターが到着し、村人が散り散りになると、急に隊員が発砲しはじめたという。とすると、発砲は報復措置だったのか。
 「その可能性もある」と、崔は言う。「恐怖心でいっぱいだったから、自衛のためだったのかもしれないが」
 大半の退役軍人にとって、こんな悪夢は悲惨なゲリラ戦の一部にすぎない。「ゲリラと民間人の区別はつかなかった」と、アンは言う。「私たちがあんなことをした事情も理解してほしい」
 駐ベトナム軍総司令官だった蔡命新(チェ・ミョンシン)は本誌に対し、彼の部隊が民間人に犠牲を出したことを認めている。だが、敵味方の区別が判然としないゲリラ戦ではやむをえないことだとも言う。戦場で正常な判断力が失われていた可能性も指摘する。
 ベトナム戦争最大の大虐殺といわれる68年のソンミ村の虐殺も「理解できる」と、蔡は語った。指揮をとった米軍のウィリアム・カリー中尉は「自分の仲間の死に対して、復讐しようとしたのだ」という。
 70年代前半に平和部隊に参加したアメリカ人、マイケル・ジョーンズらが行った調査には、韓国軍が20人以上の民間人を殺害したとみられる事件が45件記録されている。この調査書には「打ち首にし、腹を裂き、強姦して死にいたらせた」などと記されている。
 「(こんなことを)口にすると、世間から残忍な奴だと思われる」と元歩兵の金周煌(キム・ジュファン)は言う。「だからあまり語りたくない」
 金周煌はベトナムでの過去に対峙しようとしている、数少ない退役軍人の1人だ。彼と退役軍人仲間の金鍾チョル(キム・ジョンチョル)は先月、戦死した韓国兵と韓国軍に殺されたベトナム人犠牲者の霊をたたえる「和解の塔」の場所探しのため、かつての戦地に舞い戻った。2人は虐殺の行われたクアンガイ省の村々を訪問し、「私たちは傭兵として人々を殺した」と悔恨の情を伝えた。


 「打ち首」「腹を裂く」「強姦」・・・とても20世紀後半の正規軍の行為とは思えない。未開人の野蛮行為である。アメリカ民間人の調査でも「20人以上の虐殺が45件」確認されているのだから、少なくとも1、000人近くは虐殺していることになる。もちろん、こうした恥ずかしい行為は国粋的な韓国の歴史教科書に載せられるわけがない。大多数の韓国人はこうした歴史の真実を知らぬまま、あるいは知らぬふりをしたまま、「誇らしい韓国の歴史」あるいは「被害者としての韓国の歴史」のみを語り続けているのである。これが日本の歴史教科書を非難し続けている韓国人の真の姿である。

 「Links」の「人気Blogランキング」をクリックしてトラム村での野蛮人の残虐行為を糾弾しよう!
| gimonshi | 21:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:05 | - | - | pookmark |
Comment
初めまして。勉強中の私には興味深い内容でした。
話には聞いておりましたが韓国軍のベトナム戦争時の蛮行は初めて読みました。
これからも頑張って下さい。
Posted by: Albion |at: 2005/07/25 10:12 PM
この、ニューズウィークの記事を教科書の副教材とすればいい、日本人が書いた訳じゃないから、チョンも迂濶に手を出せまい
Posted by: アメックス |at: 2005/09/04 7:55 AM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

下條正男・拓殖大学教授の著書。必読。

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode