スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
吉沢南氏の調査(2)
 韓国人によるベトナム人虐殺を調査した吉沢南氏のコラム。(1988年9月30日付け毎日新聞)

 ・・・「アメリカは実弾を提供し、日本は物を売り、韓国は血を売った」と多くの人が語った。その数は「自由と平和のためにベトナムに行った」と語った人よりも多かったし、話の内容も彼らの方が具体的で実感がこもっていた。「血を売った」という言葉に込められているのは、ドルで買われたアメリカの傭兵、という自己総括である。・・・(中略)さらに「日本は物を売り」と語っているように、ベトナム戦争における日本の役割に対する彼らの非難は痛烈なものがあった。ジャングルシューズも日本製、駐屯基地のPX(売店)に並べられている商品もほとんどが日本製、基地でのデザートに出るリンゴなどの果物も日本産。そうした事実を列挙したある人は、「日本は経済を大いに発展させました。それは日本人の努力もあったでしょうが、同時に国際的な条件、つまり戦争で日本は儲けたのです。韓国戦争(朝鮮戦争)の時もそうでした。」と指摘した。
 ベトナム戦争での特需は朝鮮特需に比較すればきわめて小さく、六〇年代後半の日本の高度経済成長の要因として過大に評価してはならない、というのが日本の学界やジャーナリズムの有力な見解だが、これに対して、彼らは戦場の実感から、戦後日本の経済成長をアジアの戦争と結びついたものとして一貫して見るのである。

 このコラムで取り上げられている日本に対する批判は韓国人が非常に好んで用いる詭弁である。日本がベトナム戦争で利益を得たのは事実であろうが、それは韓国も同様であろう。亀山旭氏の指摘によれば韓国企業は「エコノミックアニマル」として日本人以上の指弾を受けていたというし、韓国人民間人はベトナムに売春宿まで作って荒稼ぎしていたという。「日本は南ベトナムで儲けた」という韓国人の批判はこうした部分をすべて無視している場合が多いので注意が必要である。
 例えば、(イラクのクウェート侵攻による)湾岸戦争には韓国も派兵していた。これは「クウェートの戦後復興参加は派兵国を優先させる」という当時の国際情勢によるもので、韓国は復興事業に参加したいがために申し訳程度に小規模な輸送部隊を派遣するという姑息なことをやっていた。湾岸戦争終結当時、韓国のテレビニュースは「クウェートの復興事業は、わが国など派兵国が中心となって参加し、派兵しなかった日本やドイツなどは排除される見通しです」などと(うわずった口調で)しつこいくらい繰り返していた。(結局、韓国は大した復興事業に参加できなかったようであるが)戦争で利益を得るのが不当なら、復興事業参加にも反対すればよさそうなものだが、そうしたことまで考えが及ばないのか、自分に都合のいいことはほっかむりしてしまうのか、いずれにしてもダブルスタンダードである。
 ちなみに昨年の6月にイラクで韓国人労働者が現地のイスラム過激派に射殺される事件が起きたが、この韓国人だってアメリカのイラク侵攻に便乗して金儲けに行ったわけである。最近、韓国では、この韓国人の追悼祭などをやっているが、「戦争で儲けるのが悪い」なら、即刻中止すべきだろう。
 日本もベトナム戦争で儲けたかもしれないが、韓国兵のような野蛮な残虐行為はしでかしていない。「べ平連」のような市民運動も盛んであった。韓国人はこの点にもっと注目すべきである。
 吉沢南氏は別の詭弁についても紹介している。

 ・・・(ベトナム人女性の乳房をナイフで切り取ったり、子供の首を腰にぶら下げたりといった−引用者)こうした残虐行為を全面的に否定し、韓国兵は「ベトコン」を殺しはしたが、同じアジア人であるベトナム民衆を大切に保護したから、彼らからは慕われていたと主張する元派遣兵もいた。個人的な体験に限定すれば、それも一つの事実であろう。また、戦場ではそうした狂気が起こるものだという、「戦争とはそんなものだ」論をはく人もいた。

 「ベトナム民衆を大切に保護していた」「ベトナム民衆から慕われていた」などというのは大嘘である。亀山旭氏の著書によれば韓国人は(北ベトナムならいざ知らず)南ベトナムですら嫌われていたというのだ。残虐行為を否定するにとどまらず、こうした大嘘を並べる韓国人の「証言」に騙されてはならないだろう。
 また、「戦争とはそんなもの」なら、アジアでの旧日本軍による残虐行為も「戦争とはそんなもの」で片付けられるはずである。しかし大多数の韓国人は自らの非は合理化しても、日本の非は絶対に容赦しない。ここでもダブルスタンダードである。(別に日本の非を正当化しようと主張しているわけではないが)韓国人のこうした詭弁と二重性を看過してはならないだろう。

 「Links」の「人気Blogランキング」をクリックして韓国・韓国人の詭弁と二重性を糾弾しよう!
| gimonshi | 10:39 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:39 | - | - | pookmark |
Comment
少しずつですが、読ませていただいております。

ベトナム戦争での韓国軍の振る舞いについては、残虐だったらしいという程度にしか認識していませんでした。
勉強させていただきます。
がんばってください。
Posted by: カチハヤ |at: 2005/06/18 5:44 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

下條正男・拓殖大学教授の著書。必読。

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode