Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
本多勝一の欺瞞(続)
 本多勝一は『週刊金曜日』(00年3月17日)で次のように述べている。

 
韓国と日本の関係は、ヨーロッパでいえばドイツとポーランドのそれに似ているのではないでしょうか。ドイツはポーランドを侵略し、敗戦までにご存知のようなひどいことをやっていました。その点は韓国に対する日本と共通でしょう。しかし全く異なるのは、戦後の両国です。現在に至るまでにドイツがポーランドに対してやってきたこと、日本が韓国にやってきたことは、もはや「天地の差」でしょう。歴史教科書の作り方ひとつをとっても、ドイツはポーランド側と協力しながら、共通の認識を求めて努力していますが、日本はそれどころか、最近はむしろこれまで以上に改悪させようとする勢力が跋扈しつつあります。


 本多はドイツとポーランドを日本と韓国の関係に置き換えることで、巧みに韓国の悪行と自分の恥ずべき過去を隠蔽している。韓国の過去と現実を語るなら、むしろ、ドイツとイスラエルの関係に置き換えるべきである。本多の手法をまねて書くとこうなる。

 韓国と日本の関係は、ドイツとイスラエルのそれに似ているのではないでしょうか。ドイツはユダヤ人を虐殺し、敗戦までにご存知のようなひどいことをやっていました。ユダヤ民族の絶滅をはかったナチスドイツと、朝鮮民族の同化をはかった日本のどちらがひどかったのかいう問いについてはさまざまな意見がありえるでしょう。
 しかし共通しているのは日本・ドイツと韓国・イスラエルの戦後です。加害者だった日本・ドイツが侵略や虐殺とは無縁だったのに対し、被害者だったイスラエルはパレスチナ人を虐殺しまくり、それは今も続いています。韓国も反共を口実にベトナムに派兵し、女子供を強姦したり虐殺したりしました。本田勝一も韓国軍の招きに応じて韓国軍の代弁をしていました。
 歴史教科書でも日本とドイツは過去の過ちを曲がりなりにも認めていますが、イスラエルや韓国ではパレスチナ人虐殺やベトナム人虐殺は「正義」なのです。

 肝心なことについては口をぬぐって、日本攻撃にのみ熱をあげる本田勝一を弾劾しよう!人気ブログランキングをクリックしてベトナム人虐殺にほっかむりをする韓国人を糾弾しよう!
| gimonshi | 16:42 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

下條正男・拓殖大学教授の著書。必読。

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode